佐貫 浩 委員長

所属 法政大学キャリアデザイン学部
専門 教育行政学、平和教育学、教育課程論、道徳教育
著書・論文

メッセージ


 戦後教育は、戦後民主主義の大きな流れの中で、戦争動員に使われた戦時下の教育への反省に立って、日本の教育をその民主主義の具体化されるべき場として捉える多くの教職員と教育学研究者の共同努力の中から切り拓かれてきました。やがてその思いを教育の本質において再把握するという教育学意識にたって、戦後教育学が本格的に展開されるようになっていきました。勝田守一の「教育的価値」概念や、堀尾輝久の「国民の教育権論」等々がその中に蓄積されていきました。そしてそれは、同時に多くの教師の教育実践を励まし意識化するものともなり、また同時に教育実践の豊かな蓄積が教育学の発展を促すという壮大な循環が生みだされていきました。
 教育科学研究会はそういう戦後教育学構築の精神を継承し発展させ、私達が直面する教育の現代的課題に取り組む教師と教育研究者、教育関係者の集う研究会として、活動を続けてきました。雑誌『教育』は、そのような日々の実践と研究をたえず紹介、交流してきました。そして、子どもの権利と日本の明日を担う主体を育てる教育の営みを捉え、意識化し、意味づける教育学の言葉を生み出す努力を続けています。
 しかしいま、憲法改正をも企図する安倍内閣の下、そして90年代からの激しい新自由主義的社会破壊の中で、大きな日本社会の危機、民主主義の危機に私たち直面しています。この歴史的転換点にあって、日本の教育は、かつてない困難の中におかれ、その危機を越える一段と深い、かつ国民的な共同を切り拓くことが求められています。教育科学研究会は、それに応えうる新たな教育学研究と教育実践を進めたいと考えています。教育の本質に立った創造的教育実践と教育学認識が、民主主義に向かう確かな歴史的転換の力として働き、日本の子どもの未来を輝かせる時を切り拓きたいと願っています。そのための共同に参加下さいますよう、心から願っております。

関連する教科研の本

18歳選挙権時代の主権者教育を創る ― 憲法を自分のに力に

多感な時代に社会・政治をどう学び、どんな力を身につけるのか――模索の中で貴重な成果を生み出してきた実践や教師の工夫、この国が様々な問題を抱える中で子どもたちがどんな目を社会に向けているのかも含め紹介する。教育の「中立」の名で学校に介入する政府の問題点、真の「教育の中立性」とは何なのかも解明した労作!

佐貫 浩[監修], 教育科学研究会[編] | 新日本出版 | 20160625

くわしく見る

いじめと向きあう

“いじめ”は集団生活のなかで避けて通れないトラブル。子どもといっしょに“いじめ”を乗り越えるため、私たちにできることはなにか。教育の現場に精通した教師、研究者、弁護士がわかりやすく論じる。

教育科学研究会[編] | 旬報社 | 20130731

くわしく見る

大阪 ― 「教育改革」が問う教育と民主主義

地方発の「政治主導」改革は、「民意」と首長の強力な「リーダーシップ」を背景にいまや国政に影響をおよぼさんとする勢いである。教育への政治的介入を公然と主張し、教育目標は首長が設定するといった動きは、戦後教育行政3原則とされてきた「一般行政からの独立」を蹂躙するものであり、地方教育行政制度のみならず学校現場を破壊する危険性を秘めている。「教育改革」を掲げながらも、教育にとどまらない再編を企図する大阪の動きに焦点をあて、そこで問われている民主主義と教育の関係を考え直してみたい。

中田 康彦,佐藤 広美,佐貫 浩著, 教育科学研究会[編] | かもがわ出版 | 20120801

くわしく見る

教育基本法の「改正」を許さない ― 格差と競争の教育に抗し、教育の自由を広げよう(『教育』別冊14)

教育基本法の「改正」を許さない最高のたたかいを

教育科学研究会[編] | 国土社 | 20061001

くわしく見る