教科研 第62回全国大会 (北海道大会)『三月集会』3月30日 申込受付開始!

 今夏の「教育科学研究会 第62回 全国大会(北海道大会)」は、2024年8月6日(火)、7日(水)、8日(木)の3日間、北海道札幌市での開催を予定しています。

 この全国大会に向け、「三月集会」を下記のように開催いたします。

日時  2024年3月30日(土) 13:30~17:10

受付開始 13:00(オンラインは13:15)

会場  札幌市 厚別区民センター(zoomによるオンライン参加も可能)

https://atsubetsu.kumin-c.jp

◎シンポジウム  テーマ「子どもたちとともに危機を希望にかえるとき」

(趣旨)コロナ禍による様々な「規制」は子どもたちのみならず、人々のつながりをよりいっそう希薄化した。一方、この間の学校現場では、働き方改革による業務精選の風潮の中、職場内では子どもや家庭への丁寧なかかわりを忌避する動きすら見られる。この「予測不可能な社会」で広がる教育や人間社会そのものの危機に対し、北海道でも若手、ベテランにかかわらず教師などの子どもにかかわる専門職が子どもの声や姿によりそい続け、伴走をすることで明日への希望を拓く教育に奮闘している。本集会では、学校内外で展開される「誰も取り残さない」教育や支援の試みから、今の子どもたちの姿、私たち大人が今、できること、問い直すべきことを考える契機とし、全国大会(8/6~8 札幌市)の参加に結びつけたい。

詳細・申し込み  Peatixよりお願いします。

 Peatix  https://kyoukaken3gatusyuukai2024.peatix.com

主催  北海道大会実行委員会、教育科学研究会